横浜市都筑区の交通事故専門の行政書士が後遺障害の自賠責請求、等級認定、異議申し立てをサポート。行政書士サポートオフィス横浜

交通事故後遺障害や等級認定でお悩みの方、交通事故専門の行政書士に安藤優介に一度ご相談ください

お客様インタビュー

川崎市の西彩香さま

相模原市の植木大輔さま

横浜市の市川仁志さま

横浜市の岩室誉一さま

横浜市南区の杉田 泰之(すぎた やすゆき|仮名)さま

お客様からいただいた“お手紙”

「後遺障害14級9号」「頚椎、腰椎併合」が認定されました。

このようなことでお困りではありませんか?保険会社から治療を中止すると連絡があった

「後遺障害の申請を保険会社に任せてしまい、結局、認定されませんでした・・・。」
「異議申し立てをしたいけど、手続きの方法が分からない」

このようなご相談をよくいただきます。

はじめまして、横浜市都筑区の交通事故専門の行政書士、安藤優介です。

私は、交通事故に特化した行政書士として、交通事故でお悩みのたくさんの方のお手伝いをしてきました。

おかげさまで、
「安藤先生のお陰で解決できました。」
「安藤先生に会えてよかった。」
などのお言葉もたくさんいただいております。

事故後半年で治療の打切りと言われました

このようなことがありました。

横須賀市のIさんという方が、追突事故に遭いました。

病院では「むち打ち」と診断され、治療・リハビリに専念していました。

当初は、「加害者の保険会社にまかせておけば・・・。」と安心していたようです。

ところが、半年を過ぎたころに治療の打ち切りと金額が書かれた示談書が送られてきたのです。

「まだ、治療が終わっていないのに・・・。」
「これからどうすれば・・・。」
と、あわてて私にご相談がありました。

Iさんのむち打ちの症状について、詳細にお聞きし、お医者さまと面談したうえで、自賠責保険に後遺障害の申請をしました。

その結果、14級の後遺障害が認定されました。

Iさんからは、「自分1人では納得できる手続きはとれなかった・・・。」
とお礼のお手紙をいただきました。

Iさんの“喜びの声”はこちらでご覧いただけます。

後遺障害のスペシャリストです

あなたと一緒に解決まで精一杯お手伝いします

交通事故に遭われた方のお悩みは、とても深いことが多いのです。

ケガの痛みや体調不良と闘いながら、
「これからどうなるんだろう・・・。」と、不安に押しつぶされそうにもなります。

しかも、保険会社からは、「まだ痛むの?」「まだ治療を続けるの?」などと症状を理解してもらえずに、さらに苦しまれることも多いのです。

しかし、この悩み・苦しみは、なかなか周りには理解してもらえません。

私は、交通事故専門の行政書士として、交通事故でお悩みの方のお手伝いをしてきました。

あなたと一緒になって、解決まで精一杯お手伝いさせていただきます。

ぜひ、一度お気軽にご相談ください。

行政書士 安藤 優介 からのメッセージ

 

無料相談を受け付けています


※申し訳ございませんが、次のような方のご依頼はお受けできません。
  ・ 詐病、仮病等で不正に請求しようと考えている方
  ・ 加害者、保険会社を個人的に追い詰めたいと考えている方
  ・ 請求できるものは全て手に入れないと気の済まない方
  ・ 全て任せてしまいたい方。交通事故解決に時間の取れない方
   (弁護士に依頼されることをお勧めします)
  ・ 円満な解決を望んでいない方

Copyright (C)2011 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved