横浜市都筑区の交通事故専門の行政書士が後遺障害の自賠責請求、等級認定、異議申し立てをサポート。行政書士サポートオフィス横浜

後遺障害等級認定手続き

交通事故の実務として、後遺症が残ったとしても、後遺障害に認定されないと、「後遺症(後遺障害)による損害」は請求できません。

後遺障害申請手続きには、2つの方法があります。

(1)事前認定

事前認定

加害者の任意保険会社が後遺障害の申請手続きをおこなう方法です。
この方法の場合、任意保険会社がすべての手続きをやってくれますし、不足の書類があれば指示をしてくれるのでとても簡単にできます。
任意保険会社は認定結果にもとづき被害者との間で示談をおこない、自賠責保険の負担分も一括して被害者に支払いをすることになります。

しかし、任意保険会社の判断で資料をそろえて、手続きをすすめますので、場合によっては、本来の適切な後遺障害等級が認められない可能性があることは、否定できません。

(2)被害者請求

被害者請求

被害者が、直接後遺障害申請手続きをすすめる方法です。
この方法ですと、被害者は自分の損害を自分で立証することができるので、状況を詳細に伝えることができます。

後遺障害が認定されると、その等級に応じた自賠責保険金額(損害賠償額)を、任意保険会社と示談をする前に受け取ることができるのも大きなメリットです。

先取りできることは、大きなメリットの一つです。先取りした自賠責保険金額を弁護士費用などにあてることも可能です。

しかし、被害者自らが必要な資料を集めたり、手続きをとらなければならないため、手間がかかりますし、適切な等級認定をうけるためには、知識も必要になってきます。

被害者請求をおすすめします

被害者請求をサポートします

交通事故専門の行政書士、安藤優介が被害者請求をサポートいたします。
まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

 

無料相談を受け付けています

 

Copyright (C)2011 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved