横浜市都筑区の交通事故専門の行政書士が後遺障害の自賠責請求、等級認定、異議申し立てをサポート。行政書士サポートオフィス横浜

ムチ打ち(頚椎捻挫)や腰椎捻挫の後遺障害について

「ムチ打ち(頚椎捻挫)」や「腰椎捻挫」の後遺障害は、ほとんどの場合、次の3つにわけて評価されています。

12級13号 : 局部に頑固な神経症状を残すもの

画像所見や神経学的所見(いわゆる「他覚的な所見」)が認められないからといって、必ずしも後遺障害が認定されないとは限りません。
受傷態様や治療内容などにより、14級9号が認定される可能性は残っています。

とくにむち打ち(頚椎捻挫)や腰椎捻挫の場合、症状が目に見えにくいため、周囲に理解してもらえないことがよくあります。
残っている症状(後遺症)を客観的な「後遺障害」として、目に見えるかたちで評価してもらえることは、被害者の精神的な面でとても重要だと考えます。

14級9号「局部に神経症状を残すもの」の認定事例 @
頚椎捻挫後の後頚部痛等の訴えについては、提出の画像上、頚椎に本件事故外傷による骨折、脱臼等の器質的異常所見は認められず、自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見が認められないことから、他覚的に神経系統の障害が証明されたものと捉えることが困難です。

しかし、受傷態様、治療状況、症状推移なども勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれる神経症状と捉えられることから、「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

14級9号「局部に神経症状を残すもの」の認定事例 A
頚部痛の症状については、提出の画像上、頚椎に本件事故による骨折等の明らかな外傷性変化は認められず、また、後遺障害診断書上「反射、知覚は正常」と所見されているように、症状の裏付けとなる神経学的異常所見は認められないことから、他覚的に神経系統の障害が証明されるものとは捉えられません。

しかしながら、受傷状況、治療状況なども勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから、「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

14級9号「局部に神経症状を残すもの」の認定事例 B
腰椎捻挫後の腰痛の症状については、提出の腰椎画像上、本件事故による骨折等の明らかな外傷性変化は認められず、また、後遺障害診断書上「筋力低下、知覚異常は認めず」と所見されているように、症状の裏付けとなる客観的な医学的所見には乏しいことから、他覚的に神経系統の障害が証明されるものとは捉えられません。

しかしながら、治療状況や症状経過なども勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから、「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

14級9号「局部に神経症状を残すもの」の認定事例 C
腰部捻挫に伴う「腰痛」との神経症状については、提出の画像上、異常所見は認められなく、医証上、神経学的な異常所見は認められませんが、治療状況等も勘案すれば、症状の将来にわたる残存を否定することは困難であり、「局部に神経症状を残すもの」別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

「認定されないのでは・・・。」と最初から諦めるのではなく、
「できるだけのことはやろう・・・!」と申請だけでもされてみることをおすすめします。

無料相談を受け付けています

Copyright (C)2011 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved