横浜市都筑区の交通事故専門の行政書士が後遺障害の自賠責請求、等級認定、異議申し立てをサポート。行政書士サポートオフィス横浜

認定結果の異議申し立て

後遺障害申請手続きをしても、認定されなかった場合、または認定された等級に不服がある場合には、後遺障害の異議申し立てをすることができます。

後遺障害等級によって、賠償額は、大きく違ってきます。
たとえば、「ムチ打ち(頚椎捻挫)」の後遺症であっても、後遺障害が認定されるか、認定されないか、また、12級と認定されるか、14級と認定されるかで、賠償額が数百万円も違ってくることがあります。

異議申し立てをする際には、実際の症状と認定内容を調べたうえで、その症状を説明するために検査をおこなったり、別の資料を用意したりする必要があります。

異議申し立てをサポートします

交通事故専門の行政書士、安藤優介が異議申し立てをサポートいたします。
まずは、お気軽に無料相談をご利用ください。

 

無料相談を受け付けています

交通事故専門の行政書士が後遺障害の自賠責請求、等級認定、異議申し立てをサポートします。行政書士・サポートオフィス横浜

Copyright (C)2011 行政書士サポートオフィス横浜 All rights reserved